アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
毛が抜ける

薄毛の症状の対策として一般的なものが育毛と発毛です。

育毛とは、現状ある髪の毛をしっかりと健康に育てることで、シャンプーなどのヘアケアにより、頭皮環境を改善し、常に清潔に整えることで、抜け毛・フケ・かゆみを予防し、太い丈夫な髪の毛を育てます。

発毛とは、脱毛状態から髪の毛を現状よりも増やすことで、発毛剤などを利用することにより、髪の毛の成長を司る毛母細胞の働きを活性化させ、休止期にある毛根から発毛を促します。

抜け毛

髪の毛が年齢やその他の原因で、抜け毛が多くなり、薄毛になってきた場合には、ドラッグストアーなんかで売っている育毛剤を頭皮に塗布する事で解消する事が多いです。
育毛剤にも、いろんな種類が出ていますので、迷う人が多いですが、まずは試しに使ってみて、一番自分に合った物を利用する事です。

ある成分では、血管拡張剤として開発されましたが、高血圧の治療薬として利用されている時に、副作用として発毛効果があるとされ、発毛剤に利用されています。
ドラッグストアーで売っている薬では、解消しない場合には、専門のクリニックに行った方が良いです。

育毛剤について
育毛剤は、5000年以上前からあるといわれています。自然の中にある様々なものが使用されてきました。
昔に使われていたものは、全て経験から得たもので効果の見られるものもあればまったく見られない物もありました。

最近では、医学の進歩の結果良い商品がたくさん開発されていて効果が実感できるまでになりました。
将来的には、ストレスからなる薄毛や抜け毛、遺伝のため、病気からなるためなど色々な分野から研究し今より更に良い商品が開発されると思います。

抜け毛・悩む

昔も今も、抜け毛に悩む男性は多いです。ですがその考え方は少しずつ変化しているようです。

昔は薄毛といえば「恥ずかしいもの」「隠したいもの」というイメージが一般的で、カツラをかぶる男性が多かったのです。ですが最近では、カミングアウトする男性が増えてきており、隠すよりもそれを受け入れ、その上で対処するという方がかっこいい、という価値観が一般化してきています。つまり不自然な隠し方をするよりも、自然体でいる方が断然いい、と考える男性が増えているのです。

抜け毛を防ぐには
抜け毛を防ぐにはしっかりとした生活をする事が大切です。しっかりとした生活と言うのは睡眠であったり、食事であったりと日常生活を規則正しいものにすると言う事です。

特に大切なのは睡眠で、人の寝ている間に髪の毛が育ちます。その時間は22時から2時までの4時間であり、ここが一番髪の毛を育てるのに大切な時間なのです。

ですから抜け毛を防ぎたいと思ったならば、この時間に睡眠をしっかりととるような生活に改める必要があります。

薄くなる

薄毛になる背景には、男性ホルモン、遺伝、生活習慣、ストレス、ヘアケアなどの影響により、髪のヘアサイクルが乱れることが原因で起こる症状です。

実際に見られる症状には、髪の本数が変わらなく髪が細くなる場合と、抜け毛そのものが増える場合があります。

人の髪の本数は約10万本あると言われ、1日に50~100本は自然に髪が抜けますが、1日に150本以上の髪が抜ける状態は、薄毛発症の兆候です。また、頭皮・顔が脂っぽい、髪が細いなどの状態も発祥の兆候なので、兆候が見られる人は育毛を始めた方が良いです。

抜け毛について
抜け毛とは、ヘアサイクルにおいて自然に起きる現象で頭皮から抜けた髪の毛のことです。このヘアサイクルが乱れ短くなると髪の毛が太く長く育つ前に抜けてしまい、細く弱い毛しか残らないために薄毛となります。原因は、男性型脱毛症の場合は遺伝や男性ホルモンとされています。

抜け毛対策にはヘアサイクルを整えるための育毛剤やシャンプーなどが多数販売されています。
医療機関でも、原因である悪玉男性ホルモンを抑制する治療薬での治療も行われています。